人気の無料のネット販売サービスはこちら

Shopify(ショッピファイ)のテーマの設定方法まとめ-デザインテンプレート設定

Shopifyテーマの設定まとめ

Shopify(ショッピファイ)の使い方として、Shopifyを使ってネットショップを制作するための方法を備忘録としてブログ記事で紹介していきます。

Shopifyのテーマの設定方法画面の表示方法

Shopify(ショッピファイ)の管理画面のテーマの緑のボタンの「カスタマイズ」をクリックします。

「テーマ設定」をクリックします。

 

 

Shopifyのテーマの設定方法を紹介

各テーマ(デザインのテンプレート)には、「テーマ設定」の箇所があります。

設定できる項目はいくつかあります。

テーマによってテーマ設定の項目は異なりますが、今回は「Supply」のShopifyの無料のテーマを使用して紹介します。

Shopifyのテーマの設定方法:色の変更

カートのボタンやリンクや見出し、本文など共通の色の設定を行います。

各テーマ(デザインのテンプレート)には、「テーマ設定」の箇所で色を変更することができます。

Shopifyのテーマの設定方法:文字の大きさとフォント(書体)

見出しや本文などの文字の大きさ(ピクセル単位)とフォント(書体)を選択します。

Shopifyのテーマ設定

Shopifyのテーマの設定方法:ファビコンの設定

ファビコンを設定できます。

ファビコンは、普段何気なく見ていると思いますが
気づきにくいです。

パソコンだとブラウザのタブに表示されます。

スマホでは、検索結果のURの左側に表示されます。

 

Shopifyのテーマの設定方法:カートのページのデザインの設定

注文メモを有効にするにチェックを入れると

カートに備考欄のメモ欄が表示されます。

※もちろんこの「ストアへの特記事項」という表記をショップ独自の言葉に変更することができます。

 

Shopifyのカートの種類は3種類あります。

カートタイプ:ページ、モーダル、ドロワーの3つです。

カートタイプ:ページ

Shopifyのカートタイプのページスタイルは、普通にカートのページが独立で表示されます。

楽天市場やAmazonや他のネットショップ含め、

一般的なネットショップはページになっていますので、スタンダードなカートの表示方法です。

カートタイプ:モーダル

Shopifyのカートタイプのモーダルスタイルは、あまり聞き慣れない言葉ですが、ページは遷移せずに、ふわっと表示されるカートスタイルです。

Image from Gyazo

カートタイプ:ドロワー

Shopifyのカートタイプのドロワーは、日本ではあまり見かけないショッピングカートの表示方法です。

下記のように、ドロワー:引き出しのように、表示されます。

Image from Gyazo

Shopifyのテーマの設定方法:SNS・ソーシャルメディアの設定

ショップのソーシャルメディアのアカウントの設定をします。

お持ちのSNS・ソーシャルメディアアカウントを入力します。

設定できるソーシャルメディア・SNSは、Twitter・Facebook・Pinterest・Instagram・Snapchat・Tumblr・YouTube・Vimeo・Fancyです。

ソーシャルメディアのボタンを表示するのか非表示にするのか設定し、表示する場合は、ソーシャルメディアのボタンのスタイル(デザイン)を設定できます。

※この場合、日本語よりも英語の表記の方がなんとなくしっくりくるので、修正しておいてもいいと思います。

 

Shopifyのテーマの設定方法:価格のフォーマットの設定

日本国内で販売する場合は、この設定は関係ありません。

 

セントを上付き文字で表示する項目で、通貨セレクターまたは数字の前のピリオドを含む形式を使用している場合、この設定は適用されません。例: RS.1,000.00.

 

Shopifyのテーマの設定方法:チェックアウト(カートに入れてからのページの設定)

ショッピングカートのデザイン設定です。ロゴだけは設定しておきましょう!

 

色と、書体(フォント)の変更です。

この画面でできることはここまでですが、テーマではなく、ネットショップ全体のチェックアウト(ショッピングカート画面)も、別で存在しますので、必ずこちらの設定も行っておきましょう。

 

Shopifyのテーマの設定方法:テーマスタイルの切り替え

 

テーマによっては、色などのデザイン違いが用意されています。

テーマのスタイルを変更すると、ストアの設定、見た目と雰囲気のそれぞれに影響が出ます。
スタイルを変更することで一部の設定は失われますが、ストアのコンテンツが失われることはありません。

 

Shopify(ショッピファイ)の使い方として、Shopifyを使ってネットショップを制作するための方法を紹介しています。
他にもShopifyの記事を書いていますので、チェックしてくださいね。