人気の無料のネット販売サービスはこちら

【2021年版】無料で出せるプレスリリースサイト7サイト

新商品を販売する際に、プレスリリースは必ずだしましょう。

プレスリリースは各メディア(新聞、テレビ、雑誌、ウェブメディア等)に向けて企業・団体・ショップの公式のニュースをすることです。

プレスリリースで出される内容は、

新商品やサービス、イベント、報告、キャンペーンなどです。

プレスリリースの配信には基本的なルールがります。プレスリリースの書き方は、各プレスリリースの実際の内容を見てまずは検討しましょう。

プレスリリースからネタを探す記者は96%

第2回プレスリリースに関する記者の反応調査の「取材対象のネタ探しはどこで行いますか?」という質問に対し、96%の記者がプレスリリースと回答がありました。

新しい商品やサービスを探しているメディア(新聞、テレビ、雑誌、ウェブメディア等)に知ってもらうきっかけになりますし、実際にプレスリリースを出すことでメディアから取材を受けるショップも多いです。

プレスリリースとは?

プレスリリースを利用すると、メディア(新聞、テレビ、雑誌、ウェブメディア等)に取り上げられた場合には、一般ユーザーの消費者にアプローチすることが大幅に広がります。

事例として

メディアは常に情報を探しているため、私も以前運営していたネットショップの商品を一度雑誌のモノ・マガジンに取り上げられました。

面白いのが、それを見た東海テレビの方から連絡があり、正直モノ・マガジンの内容とよく似た感じの企画でテレビにも取り上げられました。

そして、ラジオでも取り上げられ(商品は見えないのに大丈夫なのかな?と思いましたが(笑)ちゃんとわかりやすく紹介していただきました。

そして翌年に、またモノ・マガジンから連絡があったので何かと思ったら、違う担当者さんからまたその商品を掲載したいと連絡がありました。

メディアの方々は常に忙しいと思うので、情報収集も他社メディアと言う場合もあり結構連動するな〜というのが実際の感想でした。

ウェブならではのプレスリリースのメリット

ウェブのプレスリリースサイトは提携しているメディアに掲載されるメリットもあります。

無料のプレスリリースでは、提携メディアがあるサービスは少ないいですが、有料のプレスリリースではそれぞれの会社によって提携しているメディアは異なります。

今回は無料のプレスリリースを紹介します

 

Valuepress(バリュープレス)無料プランのフリーコース

 

68,000社以上が利用しているプレスリリース配信サービスの Valuepress(バリュープレス)では、無料でプレスリリース配信ができる「フリー」プラン があります。機能は制限されていますがまずは試しに出したい方におすすめです。
配信までの最短日数は、最短60分後とウェブならではのスピードです。

月額33,000円のスタンダードプランでは、プレスリリースの配信を無制限で行うことができますのでたくさん出す方にお得なプランです。

バリュープレスはこちら

 

PR TIMESスタートアップ チャレンジ(ピーアールタイムズ)

プレスリリース大手のPR Timesの無料 で利用できるスタートアップ チャレンジプランは、設立年月日の2年後(24カ月)の月末まで利用できますので、該当の方は絶対に利用すべきプレスリリースです。

月に1件、累計10件を無料で配信することができます。とてもお得なプランです。法人格をお持ちの企業(営利法人)のみを対象とし、一般社団法人・一般財団法人・NPO法人をはじめとした非営利法人には適用されません。

PR TIMESはこちら

 

完全無料のPR-FREE(ピーアールフリー)

PR-FREEは完全無料でプレスリリースを多様なメディアに配信できるプレスリリースサービスです。
投稿数の制限がなくすべての機能を完全無料で投稿することができます。ログイン用のユーザー登録が不要で投稿ごとに投稿フォームから投稿すれば完了です。電話番号も不要ですのでとても簡単にプレスを出すことができます。
法人や団体に限らず、個人事業主やフリーランスの方も利用可能です。(投稿ごとに審査があります)

PR-FREEはこちら

 

無料のDirectPress!(ダイレクトプレス)

DirectPress!は無料のみのプランです。サイトのデザインやSSL化がされていない等少し古いサイトですが、運営も長いです。
プレスリリースの投稿は、内容と会社名・担当者名・電話番号・メールアドレスの入力のみで完了します。
DirectPress! の審査確認後に承認されて掲載されます。

DirectPress!はこちら

 

ぷれりり(PRERELE)

プレスリリースのサービスとしては敷居が低いぷれりり(PRERELE)です。プレスリリースの審査が通過しているものは95%以上です。ウェブ上にメールアドレスを掲載するとスパムメールも多いですが、ぷれりり(PRERELE)ではE-Mailや電話番号を画像化して個人情報のスパム対策があります。
. プレスリリースを投稿には住所、電話番号などは必要がないため、個人の方でも利用しやすい無料のプレスリリースです。

ぷれりり(PRERELE)はこちら

 

WEB PR(ウェブピーアール)

JoomlaのCMSを使いディレクトリ型のリンク集のようなプレスリリース受付サイトです。
1つのアカウントで、お持ちのサイトを全てカテゴリー登録(その他の機能も可)する事ができます。

HARMONY PRESSはこちら

 

HARMONY PRESS(ハーモニープレス)

無料で利用できるHARMONY PRESS(ハーモニープレス)は、プレスリリースへの出稿を 老若男女・企業・個人問わず、無料で受け付け中と記載があり、ライトなユーザー層向けです。ただサイトがSSL化未対応や広告のリンクが切れているため、更新は少ない状態かもしれません。

HARMONY PRESSはこちら