商品写真撮影

ネットショップ向けの商品の写真撮影方法、コツを紹介します。

特に食品、アパレル等も含め、商品を直接手に取って見ることができない、店員さんに聞けないネットショップでは、

商品写真の撮り方で売上が圧倒的に変わります。

実際に商品写真をきちんとコツを抑えて撮影することで売上が上がります。

実際にご自身でもネットショップで買い物をされる際に、商品写真を見て判断している場合が多いと思います。

「美味しそう」「素敵だな」「使いやすそう」「便利だな」「かっこいい」「かわいい」etc

商材別、ターゲット別、価格帯等によっても商品写真のノウハウは異なりますので

そういうベネフィットを感じられる商品写真を撮れるコツを勉強できるサイト等まとめて紹介します。

基本的な商品写真の撮影方法、コツを紹介しているサイト

iconfinder_camera_1296364

 

商品写真撮影には照明(光)が重要です。
背景の演出や撮影する角度、商品別の撮り方のテクニックを紹介しています。

 

おすすめの撮影キット(3パターン)

安くお手頃価格な撮影ボックス

背景も6枚付いています。メルカリ出店者等でも利用者が多いお手頃な撮影キットです。

撮影ボックス SAMTIAN

携帯型で折り畳み可能なため、どこにでも持ち運ぶことができ使わないときはしまっておけます。
アルミニウムフィルム反射材で作られて、耐熱性があり、光を拡散でき照明を均一にして撮影が可能です。
サイズ:40x40x40cm 撮影スタジオ 撮影キッで 調光器付き:光度調整可能

 

無料動画で学ぶ商品写真の撮影のコツを紹介

イメージアップに繋がる商品写真の撮影のコツ

専門的な機材や難しい撮影技術がなくても、商品のイメージアップに繋がる写真を撮ることが可能です。
ここでは、撮影の構図、下地・背景の使い方、
特にSNSで映える真俯瞰(まふかん)写真の撮り方について解説されています。

  1. イメージを良くする構図の基本
  2. 下地・背景でイメージを変える
  3. SNSで映える撮影のコツ

光源の位置でこんなに変わる、商品写真に使えるブツ撮りテクニック

光の位置を変えて実際に商品写真を撮りながら、どれくらい写真が変わるのかを紹介されています。

注文が増える写真の撮り方:料理

料理をおいしそうに撮影する方法にを紹介しています。
むずかしいテクニックではなく、身近にある小物をそろえて、料理の脇役として添えるだけです。

書籍で学ぶ写真撮影テクニック

書籍で学びましょう!図書館等も利用してくださいね。

売上がアップする商品写真の教科書

自社のホームページやネット通販、SNSを使った商品アピールなど、ますます写真のクオリティーが商品の売上に影響を与える時代になってきています。
単にきれいな商品写真を撮ることだけはなく、消費者が商品に何を求めているのか、また商品の特徴をより訴求するための撮り方や写真編集の方法とは何かをを効率良く習得できます。
著者がさまざまな企業や学校、市町村、商工会議所などで行ってきた「仕事で使う写真の撮り方講座」をベースに1冊にまとめ上げた、まさに「売上がアップする写真」のハウツー本です。
【内容】

  • 序章 撮影に必要な機材
  • 1 章 目的別実践テクニック
  • 2 章 訴求イメージを強調する写真編集
  • 3 章 プロの仕事とネットショップの実例
  • 4 章 撮影の基礎知識
  • 5 章 ライティングの基礎知識

かんたんフォトLife これからはじめる 商品撮影の教科書

ネットショップやランディングページなどのWeb媒体はもちろん、広告、ちらし、販促物といった紙媒体など、
商品写真が必要です。
本来であればプロカメラマンに撮影を依頼したいところですが、予算が少ない、更新が頻繁、
納期が短い等の理由により、自分で撮影を行う必要に迫られることも多々あります。
本書はこうした「プロではない」人が、低コストのライティング機材を用いて、
プロ顔負けの商品写真を撮影するための書籍です。
デジタル一眼を使った商品撮影の方法を、丁寧に解説されています。