アフィリエイト広告(成果報酬型広告)とは

広告を通して商品が売れたり、サービス申込みがあった時に
広告主が決めた手数料を支払う仕組みで、
広告費の無駄打ちを削減できる広告手法です。
 
(例)コーヒー豆のネットショップの場合には
商品のコーヒーの注文があれば、ブログやサイト
ソーシャルメディアなどで紹介した方に商品代金の3%を紹介手数料として支払います。
アフィリエイト広告とは

商品を紹介してくれるアフィリエイターとは

ネットショップである広告主の商材をブログやホームページ、メルマガなどで
紹介し、広告費を稼ぐ方をアフィリエイターといいます。
アフィリエイターとは、個人でのお小遣い稼ぎ意味のように感じますが
実際には個人から法人まで様々です。
法人の中には株式上場もしているような、サイト、メディアもあります。

サイトの種類について

サイトの種類も、パソコンサイト、スマートフォンサイト、
スマホアプリ、メルマガ発行者、Twitterユーザーなどたくさんあります。
サイトの数も100万サイト以上です。

拡大を続けるアフィリエイト市場

アフィリエイト市場は毎年拡大しています。
多くの企業がインターネット戦略にアフィリエイト広告を取り入れています。
※ 更にスマートフォンの普及に伴い更なる市場拡大が見込まれます。

アフィリエイト広告の費用

■ 個人へアプローチできるBtoCの商材向き
■ 売れた場合のみに手数料を支払える
広告費の無駄打ちを削減できる広告手法です。
アフィリエイト広告費用
月額約40,000円(税別)が一般的です。
アフィリエイト報酬の30%がアフィリエイト会社へ支払う手数料です。

(例)3,000円のコーヒー豆の場合

アフィリエイト報酬が3%なら、90円がアフィリエイト報酬です。
アフィリエイターには、90円が支払われ
アフィリエイト広告会社へは、90円の30%の27円を手数料として支払います。

アフィリエイト広告上位2社

A8ネット

160万サイトのアフィリエイト運用代行サービス:A8.net
業界NO1のアフィリエイト広告のサービスです。

ValueCommerce(バリューコマース)

Yahoo!系列のアフィリエイト広告です。
以前は、デポジットといって預け金が必要でしたが、その費用が無料になり
小さなショップや中小企業でも利用できるようになりました。
アフィリエイターに法人サイトが多いという特徴がありますし
アフィリエイト広告主も有名なサイトや企業が多く安心感があります。