LINEで送る
Pocket

ネットショップの名前で銀行口座が作れるネットバンクを紹介します。

ネットショップの名前で銀行口座が作れるネットバンク

ジャパンネット銀行

個人事業主の場合、個人名の銀行に振りこんでもらう事になります。
ネットショップの名前で銀行口座を作りたい方は

ジャパンネット銀行ではそういった営業性個人口座を作ることが出来る
「ジャパンネット銀行ビジネスアカウント」というのがあります。

こちらはおすすめのネットバンクです。

ジャパンネット同士ですと振込手数料が54円、24時間振り込み可能です。
法人口座の場合は最大20口座まで開設可能で、
楽天店、アマゾン店など事業部別など使い分けもできます。

ジャパンネット銀行は、ホームページがあれば屋号での口座が開設できます。
申し込みも簡単です。

ジャパンネット銀行の入出金は、郵便局のATM、セブンイレブンのセブン銀行、
ファミリーマートなどでネットバンクでも不自由なく利用できます。

口座名が長い場合は、名義短縮サービスを利用しよう

他に各銀行のサービスで名義短縮サービスというのがあります。
私の会社名は18文字もあり、お客様も間違えやすいですので、
銀行の短縮サービスでショップ名にしてもらいました。
(その時の銀行はジャパンネットバンクと三菱東京UFJ銀行です)

他の銀行も対応しているところもあると思いますので、銀行の担当者に問い合わせてみて下さい。

ユーザーも多い楽天銀行 (旧名称:イーバンク)

楽天銀行 (旧名称:イーバンク)

旧名称のイーバンクですが、こちらはジャパンネット銀行と並ぶネットバンクです。
楽天が買収して、現在 楽天銀行 となりました。
ネットショップで買い物をするユーザーにとって(特に楽天市場)ポイントが
貯まったりキャンペーンをしていたりとショッピングユーザーが多いため、
こちらもおすすめのネットバンクです。

楽天銀行で屋号の口座を作る場合には、

個人でビジネスを営んでいる証明となる書類が必要となります。

下記のうち、いずれか1つが必要です。

個人事業開業届(受付印のあるもの)・・・コピー1部
個人事業開始申告書(受付印のあるもの)・・・コピー1部
商号登記簿謄本(現在事項全部証明書または履歴事項全部証明書)・・・原本1部
(発行日から6カ月以内)
ジャパンネット銀行に比べるとハードルは高いですが、
実際に事業を営んでいれば手に入る書類ですので
問題は無いと思います。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket