LINEで送る
Pocket

TOP商品をたくさん見てもらいサイト滞在時間を増やす

ネットショップも実店舗と同じです。

まずは、お店(商材)に興味を持ってもらわないと購入までには至りません。

■ まずは、お店に入ってもらう

■ そして、販売している商品をたくさん見てもらい、購入してもらう必要があります。

お店に長くいて欲しい=回遊率(サイト滞在率)を上げる

※回遊率とは1ユーザーがサイト内のページをどれだけ閲覧したかを示す指標です。

売り上げアップにもつながります。

回遊率が高いと・・ネットショップ(商材)に対する興味関心度が高くなります

  → つまり、購入してもらえる機会が増えます。

サイト滞在時間を数値にした、回遊率とはサイトを訪れた人が、

そのサイト内でどれくらいのページを閲覧したか、

という判断指標です。

回遊率が高いということはそれだけサイトへの関心度が

高いということになります。

 例えば「アクセス数が100アクセス といっても…」

・100人が1ページずつ閲覧 しているから100アクセスなのか

・1人が100ページを閲覧していても、100アクセスです。

 【 ホームページの回遊率を改善すると 】

↓↓↓

今まで1人が1ページ見ていた場合、それが2ページになるだけで

↓↓↓

アクセス数も2倍になります。

ホームページの回遊率を改善させれば アクセス数は必ずアップしますし

回遊率が高くなると各ページの見ている時間が増えます。

ホームページへのアクセスする人数が同じであっても

回遊率が高くなることで

そのサイトで紹介している商品やサービスについて知識がなかった

一般のユーザーが、

興味を抱く可能性が増え、成約率、売り上げアップにもつながります。

ネットショップのデザインに回遊率を

ネットショップのサイトのデザイン、ページの見せ方の中にも「回遊率」を意識した作りが必要です。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket