LINEで送る
Pocket

都税、県税、役所へのネットショップの開業届けの提出!

(個人事業の開始申告書の提出)

個人事業者主にかかる地方税は「事業税(道府県民税)」
「住民税(道府z県民税)」・「住民税(市町村民税)」があり、
「個人事業の開始申告書」はその手続きの書類になります。

 

個人事業の開始申請書

税務署とは別に、「個人事業の開始申告書」を都道府県税事務所と市町村役場の2ヶ所それぞれ提出します。
(東京都23区内の場合は都税事務所に「事業開始等申告書」を提出するだけで区役所への提出は必要ありません。)

提出時期
各自治体によって異なりますので確認下さい。 (自治体マップ

提出方法
届出書を作成のうえ、持参又は送付により提出になります。

提出先
道府県税事務所と市町村役場に「個人事業の開始申告書」を提出する。
自治体マップ
※東京都23区内の場合
都税事務所に「事業開始等申告書」を提出するだけで区役所への提出は必要ありません。

受付時間
8:30 – 17:00 (場所によっては17:15まで)

ただし税務署の閉庁日(土・日曜日・祝日等)は受付ておりませんが
送付又は税務署の時間外収受箱に投函することにより、提出可能になります。

 

参考書籍

 


らくらく個人事業開業のすべてがわかる本―記入例付だから1人でできる!
なにかと手間がかかる個人事業者の開業時の実務を、記入例付でわかりやすく解説してます。
知識のない方でも安心です。
また、経理、決算、青色申告のしかたに加え、節税のポイントや経営分析の方法も述べ、
これ1冊で個人事業の実務がわかり、できるようになります。


トコトンわかる個人事業の始め方
開業準備から、記入例付届出サンプル、成功する運営のノウハウ、青色申告まで。
知識ゼロから1人でできるようになっています。
届出、助成金、労働保険料率、税率など、最新の法律に対応しています。

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket