shutterstock_165465851-small

商品キャッチコピーはサイト訪問者が商品を購入するかしないかに大きく影響してきます。キャッチコピーは購買意欲をあげるためには必須でとても大切なことなので、サイト訪問者に伝えたいことをしっかりと考えて作成しましょう。

商品キャッチコピー作成方法

  • 商品のキャッチコピーはなるべく短くする(1つに絞る)
  • 顧客ターゲットに合わせたキャッチコピーにする
  • 商品を利用することで得られるメリットをわかりやすく
  • お客様の声をキャッチコピー作りに生かす
  • 商品ごとにキャッチコピーを作成する

商品のキャッチコピーはなるべく短くする(1つに絞る)

キャッチコピーは一言で顧客の心をグッと掴むことが大切です。
人の印象は出会って、3~5秒で決まると言われていますが、
サイト訪問者もページを見て3秒間で「役に立つサイトか?」「おもしろそう」「お得な商品か?」
というようなことを判断しています。
長い文章では一瞬で心を掴むことが難しくなるので、できるだけ短くしましょう。

顧客ターゲットに合わせたキャッチコピーにする

顧客ターゲットを決めるときのコツとして、商品を誰に提供するのか具体的な人物を決めると、心に響く良いキャッチコピーになります。

サイト訪問している方は誰でしょう?
年齢は?
性別は?
職業は?
どこに住んでいますか?
どんな状況でサイトに訪れていますか?
何に困っていて何を解決してあげられるのでしょうか?
重視していることは何でしょうか?

このように顧客ターゲットをしっかりと考えて作り上げていきましょう。

商品を利用することで得られるメリットをわかりやすく

「何ができて」「どんな悩み(困っていること)を解決できて」「どんな便利なことがあるのか」というようにメリットをわかりやすく伝えましょう。

お客様の声をキャッチコピー作りに生かす

お客様の声には「どんなところが」「どんな風に」「どんなに便利だったのか」という生の声が聞けるので、キャッチコピー作りには欠かせません。

商品ごとにキャッチコピーを作成する

商品ごとに使い方が違うように、便利な点やメリットも違ってくるので各商品ごとにキャッチコピーを作成することが大切です。

キャッチコピーで反応が上がりやすい条件

shutterstock_195475622-small

キャッチコピーを作るときに意識すると反応が上がりやすい条件がいくつかあります。
意識して入れることでより良いキャッチコピーになります。

  • 限定数
  • 商品で得られるメリット
  • 販売期間
  • 感情へ訴える
  • 販売の実績
  • メディアでの紹介
  • 製造方法
  • 他社商品との違い

キャッチコピー作成が難しい場合は雑誌を参考にしてみましょう。プロはどのように表現して読者に伝えようとしているのかがわかります。

最初はわからなくても、いくつもチェックするうちにキャッチコピーの作り手の意図がわかるようになってきます。どのように伝えるのかがわかって来たら商品のキャッチコピーに生かしましょう。

スポンサードリンク